無宗教葬儀でお葬式を上げるお客様が、増えてきています。

そもそも邦人というのは、無宗教ですヒトはほとんどいません。
自分の家では、必ずと言っていいほどなんらかの宗教を信仰しています。
とは言っても、それを自覚しているヒトは、滅多にいません。

誰かが亡くなられたまま、又もや己は仏教徒だと実感することはあっても、
日頃の生活の中で、仏教徒だと感じて生きているヒトは、ぜんぜんいないでしょう。
そのため、ある意味では邦人は無宗教だともいえるでしょう。

そのため最近では、これまでおじいさん過去仏教でお葬式をあげてきたから、仏式のお葬式をあげなければいけない…という着想にとらわれることなく、
自由に宗教や宗派にとらわれることなく、お葬式を与える無宗教葬儀で、お葬式を譲るヒトが増えてきているのです。

無宗教葬儀というのは、何より決まったことはありません。
自由に決めて、お葬式を進めていきます。

自分たちが好きなように故人を偲ぶことをができるのです。家族葬の詳しい情報はこちら

香典紙袋には、折りクライアントというものが決まっています。

これも礼節といえるでしょう。

折る時は、ウェディングの時のように慶事物事は、反対の折りお客になります。
それでは配下存在を折ります。それから柄を折ります。

香典カバンの表書きは、まずは亡くなられたお客の宗教を知っていなければ書くことができません。
そのため訃報の伝言を受けた時に、直ちに宗教を確認することを覚えておきましょう。

ただ最近は何も宗教を信仰していない、無宗教の人様がある。
また宗教を確認し忘れたりして、わからないこともあります。

そんなときは「御霊前」って書くといいです。
「御霊前」は、どの宗教も使える表書きになります。

但しキリスト教のプロテスタントって、仏教の浄土真宗だけは、こういう「御霊前」扱うことはできません。
もしも知らないまま、「御霊前」という書いてしまうって、面倒失敬に当たります。
十分に注意しましょう。

香典カバンを買った時には、そのカバンに表書きの書き方が説明されていますので、参考にください。www.xn--2017-z63clg5bwi9933a8b1ae59f.com